かちかち山

かちかち山

    一

 

 むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがありました。おじいさんがいつも畑《はたけ》に出て働《はたら》いていますと、裏《うら》の山から一ぴきの古《ふる》だぬきが出てきて、おじいさんがせっかく丹精《たんせい》をしてこしらえた畑《はたけ》のものを荒《あ》らした上に、どんどん石《いし》ころや土《つち》くれをおじいさんのうしろから投《な》げつけました。おじいさんがおこって追《お》っかけますと、すばやく逃《に》げて行ってしまいます。しばらくするとまたやって来《き》て、あいかわらずいたずらをしました。おじいさんも困《こま》りきって、わなをかけておきますと、ある日、たぬきはとうとうそのわなにかかりました。
 おじいさんは躍《おど》り上《あ》がって喜《よろこ》びました。
「ああいい気味《きみ》だ。とうとうつかまえてやった。」
 こう言《い》って、たぬきの四《よ》つ足《あし》をしばって、うちへかついで帰《かえ》りました。そして天井《てんじょう》のはりにぶら下《さ》げて、おばあさんに、
「逃《に》がさないように番《ばん》をして、晩《ばん》にわたしが帰《かえ》るまでにたぬき汁《じる》をこしらえておいておくれ。」
 と言《い》いのこして、また畑《はたけ》へ出ていきました。
 たぬきがしばられてぶら下《さ》げられている下で、おばあさんは臼《うす》を出《だ》して、とんとん麦《むぎ》をついていました。そのうち、
「ああくたびれた。」
 とおばあさんは言《い》って、汗《あせ》をふきました。するとそのときまで、おとなしくぶら下《さ》がっていたたぬきが、上から声《こえ》をかけました。
「もしもし、おばあさん、くたびれたら少《すこ》しお手伝《てつだ》いをいたしましょう。その代《か》わりこの縄《なわ》をといて下《くだ》さい。」
「どうしてどうして、お前《まえ》なんぞに手伝《てつだ》ってもらえるものか。縄《なわ》をといてやったら、手伝《てつだ》うどころか、すぐ逃《に》げて行《い》ってしまうだろう。」
「いいえ、もうこうしてつかまったのですもの、今《いま》さら逃《に》げるものですか。まあ、ためしに下《お》ろしてごらんなさい。」
 あんまりしつっこく、殊勝《しゅしょう》らしくたのむものですから、おばあさんもうかうか、たぬきの言うことをほんとうにして、縄《なわ》をといて下《お》ろしてやりました。するとたぬきは、
「やれやれ。」
 としばられた手足《てあし》をさすりました。そして、
「どれ、わたしがついてあげましょう。」

 と言《い》いながら、おばあさんのきねを取《と》り上《あ》げて、麦《むぎ》をつくふりをして、いきなりおばあさんの脳天《のうてん》からきねを打《う》ち下《お》ろしますと、「きゃっ。」という間《ま》もなく、おばあさんは目をまわして、倒《たお》れて死《し》んでしまいました。
 たぬきはさっそくおばあさんをお料理《りょうり》して、たぬき汁《じる》の代《か》わりにばばあ汁《じる》をこしらえて、自分《じぶん》はおばあさんに化《ば》けて、すました顔《かお》をして炉《ろ》の前《まえ》に座《すわ》って、おじいさんの帰《かえ》りを待《ま》ちうけていました。
 夕方《ゆうがた》になって、なんにも知《し》らないおじいさんは、
「晩《ばん》はたぬき汁《じる》が食《た》べられるな。」
 と思《おも》って、一人《ひとり》でにこにこしながら、急《いそ》いでうちへ帰《かえ》って来《き》ました。するとたぬきのおばあさんはさも待《ま》ちかねたというように、
「おや、おじいさん、おかいんなさい。さっきからたぬき汁《じる》をこしらえて待《ま》っていましたよ。」
 と言《い》いました。
「おやおや、そうか。それはありがたいな。」
 と言《い》いながら、すぐにお膳《ぜん》の前《まえ》に座《すわ》りました。そして、たぬきのおばあさんのお給仕《きゅうじ》で、
「これはおいしい、おいしい。」
 と言《い》って、舌《した》つづみをうって、ばばあ汁《じる》のおかわりをして、夢中《むちゅう》になって食《た》べていました。それを見《み》てたぬきのおばあさんは、思《おも》わず、「ふふん。」と笑《わら》うひょうしにたぬきの正体《しょうたい》を現《あらわ》しました。
[#ここから4字下げ]
「ばばあくったじじい、
流《なが》しの下の骨《ほね》を見《み》ろ。」
[#ここで字下げ終わり]
 とたぬきは言《い》いながら、大きなしっぽを出《だ》して、裏口《うらぐち》からついと逃《に》げていきました。

 おじいさんはびっくりして、がっかり腰《こし》をぬかしてしまいました。そして流《なが》しの下のおばあさんの骨《ほね》をかかえて、おいおい泣《な》いていました。
 すると、
「おじいさん、おじいさん、どうしたのです。」
 と言《い》って、これも裏《うら》の山にいる白《しろ》うさぎが入《はい》って来《き》ました。
「ああ、うさぎさんか。よく来《き》ておくれだ。まあ聞《き》いておくれ。ひどい目にあったよ。」
 とおじいさんは言《い》って、これこれこういうわけだとすっかり話《はなし》をしました。うさぎはたいそう気《き》の毒《どく》がって、
「まあ、それはとんだことでしたね。けれどかたきはわたしがきっととって上《あ》げますから、安心《あんしん》していらっしゃい。」
 とたのもしそうに言《い》いました。おじいさんはうれし涙《なみだ》をこぼしながら、
「ああ、どうか頼《たの》みますよ。ほんとうにわたしはくやしくってたまらない。」
 と言《い》いました。
「大丈夫《だいじょうぶ》。あしたはさっそくたぬきを誘《さそ》い出《だ》して、ひどい目に合《あ》わしてやります。しばらく待《ま》っていらっしゃい。」
 とうさぎは言《い》って、帰《かえ》っていきました。

 

     二

 

 さてたぬきはおじいさんのうちを逃《に》げ出《だ》してから、何《なん》だかこわいものですから、どこへも出ずに穴《あな》にばかり引《ひ》っ込《こ》んでいました。
 するとある日、うさぎはかまを腰《こし》にさして、わざとたぬきのかくれている穴《あな》のそばへ行《い》って、かまを出《だ》してしきりにしばを刈《か》っていました。そしてしばを刈《か》りながら、袋《ふくろ》へ入《い》れて持《も》って来《き》たかち栗《ぐり》を出《だ》して、ばりばり食《た》べました。するとたぬきはその音《おと》を聞《き》きつけて、穴《あな》の中からのそのそはい出《だ》してきました。
「うさぎさん、うさぎさん。何《なに》をうまそうに食《た》べているのだね。」
「栗《くり》の実《み》さ。」
「少《すこ》しわたしにくれないか。」
「上《あ》げるから、このしばを半分《はんぶん》向《む》こうの山までしょっていっておくれ。」
 たぬきは栗《くり》がほしいものですから、しかたなしにしばを背負《せお》って、先《さき》に立《た》って歩《ある》き出《だ》しました。向《む》こうの山まで行くと、たぬきはふり返《かえ》って、
「うさぎさん、うさぎさん。かち栗《ぐり》をくれないか。」
「ああ、上《あ》げるよ、もう一つ向《む》こうの山まで行ったら。」
 しかたがないので、またたぬきはずんずん先《さき》に立《た》って歩《ある》いていきました。やがてもう一つ向《む》こうの山まで行くと、たぬきはふり返《かえ》って、
「うさぎさん、うさぎさん。かち栗《ぐり》をくれないか。」
「ああ、上《あ》げるけれど、ついでにもう一つ向《む》こうの山まで行っておくれ。こんどはきっと上《あ》げるから。」
 しかたがないので、たぬきはまた先《さき》に立《た》って、こんどは何《なん》でも早《はや》く向《む》こうの山まで行きつこうと思《おも》って、うしろもふり向《む》かずにせっせと歩《ある》いていきました。うさぎはそのひまに、ふところから火打《ひう》ち石《いし》を出《だ》して、「かちかち。」と火をきりました。たぬきはへんに思《おも》って、
「うさぎさん、うさぎさん、かちかちいうのは何《なん》だろう。」
「この山はかちかち山だからさ。」
「ああ、そうか。」

 と言《い》って、たぬきはまた歩《ある》き出《だ》しました。そのうちにうさぎのつけた火が、たぬきの背中《せなか》のしばにうつって、ぼうぼう燃《も》え出《だ》しました。たぬきはまたへんに思《おも》って、
「うさぎさん、うさぎさん、ぼうぼういうのは何《なん》だろう。」
「向《む》こうの山はぼうぼう山だからさ。」
「ああ、そうか。」
 とたぬきが言《い》ううちに、もう火はずんずん背中《せなか》に燃《も》えひろがってしまいました。たぬきは、
「あつい、あつい、助《たす》けてくれ。」
 とさけびながら、夢中《むちゅう》でかけ出《だ》しますと、山風《やまかぜ》がうしろからどっと吹《ふ》きつけて、よけい火が大きくなりました。たぬきはひいひい泣《な》き声《ごえ》を上《あ》げて、苦《くる》しがって、ころげまわって、やっとのことで燃《も》えるしばをふり落《お》として、穴《あな》の中にかけ込《こ》みました。うさぎはわざと大きな声《こえ》で、
「やあ、たいへん。火事《かじ》だ。火事《かじ》だ。」
 と言《い》いながら帰《かえ》っていきました。

 

     三

 

 そのあくる日、うさぎはおみその中に唐《とう》がらしをすり込《こ》んでこうやくをこしらえて、それを持《も》ってたぬきのところへお見舞《みま》いにやって来《き》ました。たぬきは背中中《せなかじゅう》大《おお》やけどをして、うんうんうなりながら、まっくらな穴《あな》の中にころがっていました。
「たぬきさん、たぬきさん。ほんとうにきのうはひどい目にあったねえ。」
「ああ、ほんとうにひどい目にあったよ。この大《おお》やけどはどうしたらなおるだろう。」
「うん、それでね、あんまり気《き》の毒《どく》だから、わたしがやけどにいちばん利《き》くこうやくをこしらえて持《も》って来《き》たのだよ。」
「そうかい。それはありがたいな。さっそくぬってもらおう。」
 こういってたぬきが火ぶくれになって、赤肌《あかはだ》にただれている背中《せなか》を出《だ》しますと、うさぎはその上に唐《とう》がらしみそをところかまわずこてこてぬりつけました。すると背中《せなか》はまた火がついたようにあつくなって、
「いたい、いたい。」
 と言《い》いながら、たぬきは穴《あな》の中をころげまわっていました。うさぎはその様子《ようす》を見《み》てにこにこしながら、
「なあにたぬきさん、ぴりぴりするのははじめのうちだけだよ。じきになおるから、少《すこ》しの間《あいだ》がまんおし。」
 と言《い》って帰《かえ》っていきました。

 

     四

 

 それから四、五|日《にち》たちました。ある日うさぎは、
「たぬきのやつどうしたろう。こんどはひとつ海《うみ》に連《つ》れ出《だ》して、ひどい目にあわせてやろう。」
 と独《ひと》り言《ごと》を言《い》っているところへ、ひょっこりたぬきがたずねて来《き》ました。
「おやおや、たぬきさん、もうやけどはなおったかい。」
「ああ、お陰《かげ》でたいぶよくなったよ。」
「それはいいな。じゃあまたどこかへ出かけようか。」
「いやもう、山はこりごりだ。」
「それなら山はよして、こんどは海《うみ》へ行こうじゃないか、海《うみ》はおさかながとれるよ。」
「なるほど、海《うみ》はおもしろそうだね。」
 そこでうさぎとたぬきは連《つ》れだって海《うみ》へ出かけました。うさぎが木の舟《ふね》をこしらえますと、たぬきはうらやましがって、まねをして土の舟《ふね》をこしらえました。舟《ふね》ができ上《あ》がると、うさぎは木の舟《ふね》に乗《の》りました。たぬきは土《つち》の舟に乗《の》りました。べつべつに舟《ふね》をこいで沖《おき》へ出ますと、
「いいお天気《てんき》だねえ。」
「いいけしきだねえ。」
 とてんでんに言《い》いながら、めずらしそうに海《うみ》をながめていましたが、うさぎは、
「ここらにはまだおさかなはいないよ。もっと沖《おき》の方《ほう》までこいで行こう。さあ、どっちが早《はや》いか競争《きょうそう》しよう。」
 と言《い》いました。たぬきは、
「よし、よし、それはおもしろかろう。」

 と言《い》いました。
 そこで一、二、三とかけ声《ごえ》をして、こぎ出《だ》しました。うさぎはかんかん舟《ふな》ばたをたたいて、
「どうだ、木の舟《ふね》は軽《かる》くって速《はや》かろう。」
 と言《い》いました。するとたぬきも負《ま》けない気《き》になって、舟《ふな》ばたをこんこんたたいて、
「なあに、土《つち》の舟《ふね》は重《おも》くって丈夫《じょうぶ》だ。」
 と言《い》いました。
 そのうちにだんだん水がしみて土《つち》の舟《ふね》は崩《くず》れ出《だ》しました。
「やあ、たいへん。舟《ふね》がこわれてきた。」
 とたぬきがびっくりして、大《おお》さわぎをはじめました。
「ああ、沈《しず》む、沈《しず》む、助《たす》けてくれ。」
 うさぎはたぬきのあわてる様子《ようす》をおもしろそうにながめながら、
「ざまを見《み》ろ。おばあさんをだまして殺《ころ》して、おじいさんにばばあ汁《じる》を食《く》わせたむくいだ。」
 と言《い》いますと、たぬきはもうそんなことはしないから助《たす》けてくれと言《い》って、うさぎをおがみました。そのうちどんどん舟《ふね》は崩《くず》れて、あっぷあっぷいうまもなく、たぬきはとうとう沈《しず》んでしまいました。