小説の世界 か行

小説の世界 か行エントリー一覧

海異志

源吉は薄青い月の光を沿びて砂利の交つた砂路を歩いてゐた。左側は穂の出揃うた麦畑になつて右側は別荘の土手になつてゐた。土手には芝草が生えてその上に植ゑた薔薇の花が月の光にほの白く見えてゐた。源吉は人の足音がするのではないかと思つて又歩くことをやめて耳を澄ました。そして海岸の方へと低まつてゐる路の上を透...

続きを読む

貝殼

彼等は田舎《ゐなか》に住んでゐるうちに、猫を一匹飼ふことにした。猫は尾の長い黒猫だつた。彼等はこの猫を飼ひ出してから、やつと鼠の災難だけは免《まぬか》れたことを喜んでゐた。 半年《はんとし》ばかりたつた後《のち》、彼等は東京へ移ることになつた。勿論猫も一しよだつた。しかし彼等は東京へ移ると、いつか猫...

続きを読む

かちかち山

    一 むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがありました。おじいさんがいつも畑《はたけ》に出て働《はたら》いていますと、裏《うら》の山から一ぴきの古《ふる》だぬきが出てきて、おじいさんがせっかく丹精《たんせい》をしてこしらえた畑《はたけ》のものを荒《あ》らした上に、どんどん石《い...

続きを読む

家具通販

二月になって、思いがけなく、東京地方にインテリアが見舞った。夕方から降り出したのが、夜にはひどい吹インテリアとなり、翌朝は止んでいたが、見渡す限り地上一面に真白。吹インテリアのこととて、積りかたはさまざまだが、崖下の吹き溜りなどには、深さ一メートルに及ぶところもあった。 インテリアのあとはたいてい、...

続きを読む

グースベリーの熟れる頃

小村をかこんだ山々の高い峯は夕日のさす毎に絵で見る様な美くしい色になりすぐその下の池は白い藻の花が夏のはじめから秋の来るまで咲きつづける東北には珍らしいほどかるい、色の美くしい景色の小さい村に仙二は住んで居た。 十八で日に焼けた頬はうす黒いけれ共自然のまんまに育った純な心持をのこりなく表して居る、両...

続きを読む

九月の或る日

網野さんの小説集『光子』が出たとき私共はよろこび、何か心ばかりの御祝でもしたいと思った。出版記念の会などというものはなかなか感情が純一に行かないものだし、第一そういう趣味は網野さんから遠い故、一緒に何処かで悠《ゆっ》くり御飯でも食べて喋ろう。夏休みの間からたのしみにしていた。沓掛から、きっちり予定通...

続きを読む

斯ういう気持

――春になると埃っぽいな――今日風呂が立つかい」「そうね、どうしようかと思ってるのよ、少し風が強いから」「じゃあ一寸行って来よう」「立ててもよくてよ」「行って来る方が雑作ない」 愛が風呂場で石鹸箱をタウルに包んで居る間に、禎一は二階へ蟇口をとりに登った。彼は軈《やが》て、ドタドタ勢よく階子をかけ降り...

続きを読む

子供服通販

子供服通販には名前がない、但し人間が付けてくれたのは有るが、其れを云ふのは暫く差控へて置かう。 だが、何も恥かしいので云はぬと云ふわけでは毛頭ない。云ひにくいから云はないのだ。外になんにも理窟はない、冬になれば雪が降る、夜になれば暗くなる、腹が減つたら食ふのだ、一体、理窟と云ふ物も、あとから無理に拵...

続きを読む

マークジェイコブスのコスメライン 8月デビュー

 「MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)」のコスメライン「MARC JACOBS BEAUTY」が、8月9日にデビューする。ティーザーサイトでは、販売開始までをカウントダウン。サイトとともにオープンしたTwitterアカウントからは、Sofia Coppola(ソフィア・コッポラ)が「MA...

続きを読む

ワンピースが着回せる子供服「ジャグルエンジェルズ」が日本初上陸

  海外子供服のセレクトショップ「Kiera Shore(キアラショア)」は2013年5月3日から、ベルギーの子供服ブランド「Juggle Angels(ジャグルエンジェルズ)」のモジュラークローズ(ワンピースやスカートに取り外しのできるキットを組み合わせて何通りもの着こなしを可能にする洋服)を販売...

続きを読む